<< シクラメンのイメージが激変します♪ | main | 冬の寄せ植えシクラメン覆輪ワインレッドと斑入りリーフ >>
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ

リース派とスワッグ派

大雪(たいせつ)を迎え昼間は暖かくても朝晩はずいぶんと冷え込んできました♪
冷たい空気の中で、よい香りを漂わせてくれているフレッシュ(生花)のクリスマスリース。
さらにスワッグが加わって、お店のポーチはモミやヒバ、エバーフレッシュ、ユーカリなどの匂いでいっぱいです♪
モミの香りが漂う
スワッグはドイツ語で壁飾りの意味。
欧米ではクリスマスだけでなく年間を通してスワッグをみかけるようです。
ピンクのリボンのスワッグ
リースよりもシンプルで、新鮮な印象もあるスワッグ。
リースと違ってオーナメントをたくさんつけることが難しいので
リボンで華やかさを出す必要がありますね〜
フレッシュモミのスワッグ ピンクリボン
くすんだピンクのリボンで愛らしい印象に。。。

すみれ色のリボンだとしっとりした印象♪
スワッグヴィオレットリボン
白いド亜アや壁面に飾るなら、このくらいシックでも素敵です。
リースも根強い人気があります。
お揃いのリボンを使ったリースもあるのでセットで揃えることも出来ます〜
フレッシュモミ・ネズ・ヒバのリース30cmヴィオレットリボン
大雪(たいせつ)を迎え昼間は暖かくても朝晩はずいぶんと冷フレッシュモミ・ネズ・ヒバのリース30cmヴィオレットリボン
リースとスワッグ、どちらも徐々にドライになっていきますが
香りはクリスマスが終わるころまで続いていると思います。
わざわざフレッシュを飾るメリットは、葉や枝の見た目の本物感だけでなく
この香りのほうが意味があるかもしれません。。。

まだリースの方が圧倒的に多いとは思いますが、お店でご紹介すると
みなさまスワッグに興味を持たれてましたよ。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
ポッチと応援ありがとうございます♪

at 23:00, nao, 雑貨 住まい

comments(0), -, - -

comment